保証制度概要

事業者カードローン当座貸越(根・カード)

保証の対象(資格要件)

次のすべての要件を満たす中小企業者であり、今後とも申込金融機関が支援育成していきたい先で、償還能力があると認められる者。

<個人事業者の場合>

  • 1.同一事業の業歴が3年以上で、2期以上の確定申告を行っている。
  • 2.申込金融機関との与信取引が6ヵ月以上ある。
  • 3.次のいずれかに該当する者。
    • (1) 保証申込直前期の決算における中小企業信用リスク情報データベース(CRD)を活用した信用保証協会によるスコアリングが、本制度事務取扱要領に定める基準以上である。
    • (2) 信用保証協会と金融機関との合意に基づく金融機関の信用スコアリング(信用格付)が前記(1)CRD基準と同等以上である。 ・・・本要件の適用はない。
    • (3) 確定申告が青色申告であり、保証申込直前期の決算において申告所得を計上し、かつ自己名義の不動産(自宅・店舗等)を所有する。

<法人の場合>

  • 1.同一事業の業歴が3年以上であり、2期以上の決算を行っている。
  • 2.申込金融機関との与信取引が6か月以上ある。
  • 3.次のいずれかに該当する者。
    • (1) 保証申込直前期の決算における中小企業信用リスク情報データベース(CRD)を活用した信用保証協会によるスコアリングが、本制度事務取扱要領に定める基準以上である。
    • (2) 信用保証協会と金融機関との合意に基づく金融機関の信用スコアリング(信用格付)が前記(1)CRD基準と同等以上である。 ・・・本要件の適用はない。
対象資金 事業資金(運転資金、設備資金)
保証限度額 貸越極度額 2,000万円以内(100万円以上)
保証期間 1年間もしくは2年間(ただし、更新は妨げない)
返済方法 約定弁済、随時弁済
貸付形式 当座貸越(根保証)
担 保 原則として、不要
保証人 法人代表者の連帯保証が必要(特別な事情がある場合を除き、それ以外は不要)
貸付利率 金融機関所定利率
対象資金 事業資金(運転資金、設備資金)
基準料率 年0.39~1.62%
保適用料率
  • (1) 申込人が会社(株式、特例有限、合名、合資、合同及び士業法人)であって、会計割引の要件に該当する場合は、会計割引(0.10%)を適用する。
  • (2) 物的担保の提供がある場合は、有担保割引(0.10%)を適用する。
責任共有 取扱金融機関が選択した責任共有制度の対象
申込時添付書類 保証協会が必要とする書類
留意事項
  • (1) 当座貸越の残高は、保証期間を通じ常時極度額を超えないこととする。
  • (2) 利息の元本組入れにより極度額を超えることとなる場合には、超える部分は利息部分とし速やかに徴求する。
更 新
  • (1) 更新手続きは、条件変更による期間延長でもできるが、当初の保証(継続新規を含む。)から5年を超える場合は継続新規とする。
  • (2) 継続新規による場合は、保証条件として新規貸越分で既存貸越金残額を決済させることとする。
実施日 平成18年4月1日 創設 平成19年10月1日 最終改正

 

  • 初めての方必見!マンガで分かる信用保証協会