経営診断システム

経営相談業務についてのご案内
  当協会では、中小企業の皆様へのサービスの充実を図るため、「中小企業経営診断システム(MSS)」を利用した無料経営診断サービスを実施しています。
  なお、両システムのご利用は法人企業のみとなりますが、個人事業者につきましても、無料経営相談を実施しています。
  秘密は厳守いたしますので、お気軽にご相談ください。
  詳しくは、本所または佐世保支所の経営支援課へお問い合わせください。 

本 所 経営支援課 TEL 095−822−9932
佐世保支所 経営支援課 TEL 0956−23−3295


中小企業経営診断システム(MSS)とは?
 
 一般社団法人CRD協会が開発した経営診断システムです。
  このシステムは、お客様の財務内容を診断し、同業界内での位置づけや、中小企業庁の「中小企業の経営指標」に基づく業界の財務指標の平均値との比較による財務バランスチェック等の現状診断をビジュアルに把握できるものです。
  また、現状診断をもとに1年、3年、5年の期間を設定して簡単な将来シミュレーションを行ない、将来予測の貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー表等を算出することができ、そのシミュレーション結果をもとに再度将来における同業界内での位置づけや財務バランスチェックを把握することができます。

ご利用いただける方
  法人企業のみとなっております。

現状診断に必要な資料
 直近2期分の決算書と業種の確認が必要です。

ご利用方法
  決算書の入力に時間を要しますので、事前に2期分の決算書をいただき、面談日を後日に設定させていただければ助かります。尚、面談の際に運転免許証、パスポート等にて代表者の本人確認をさせていただきます。

【留意点】
  MSSの経営診断結果は、保証・与信の審査や保証料の優遇措置等に用いるものではなく、あくまでお客様の財務力・財務状況の現状について把握していただき、健全経営の促進を図るためのものです。


一般社団法人CRD協会

  中小企業約200万社のデータを有する、わが国における中小企業に関する信頼できる最大のデータベース機関で、会員は、信用保証協会や政府系・民間金融機関のほか、中小企業庁、金融庁、日本銀行、中小企業再生支援協議会、格付会社など、約200機関により構成される。


株式会社クレジット・プライシング・コーポレーション

  大手銀行系列の研究所から信用リスクモデル化を手懸ける部署が独立する形で設立された金融コンサルティング会社で、金融テクノロジーに強みを持ち、信用リスクモデルをはじめ、企業価値の評価モデルなどを独自に開発している。


プリンタ用画面